2018年10月16日 (火)

【マッチサマリー】練習試合NTTドコモレッドハリケーンズ戦

10月13日、ライナーズはNTTドコモレッドハリケーンズと練習試合を行いました。
チームをスクラップ&ビルドするライナーズが、現在地を確認するために急遽リクエストして実現した試合。
 
ライナーズはトンプソン、マシレワ。NTTドコモはファンデルバルドなどお互い主力を温存しながら公式戦に近いメンバー。けがで出遅れていたキャプテンのHO樫本とバイスキャプテンのCTBファインガも復帰し、チームにフィットしているかなど注目点の多い試合は、SO野口のキックから13時に開始されます。
 
スクラムやラインアウトのセットプレーは互角。しかし試合の入りの動きの悪さから、試合開始早々ペナルティを続けてしまい自陣深くでディフェンスを強いられます。
ゴールライン近くまで迫られながら、ディフェンスラインを早く上げてプレッシャー与え、なんとか守り切りジワジワとエリアを挽回します。CTB森田、FB南藤がゲインして挽回し、要所ではFB南藤が絶妙なグラバーキックで前進。公式戦さながらのゲームメイクで敵陣深くまで迫ります。
 
前半22分。テンポ良くかつ粘り強く敵陣でアタックしていたライナーズでしたが、ラックからSH福居、FB南藤から外へ出した長めのパスを待ち構えていたNTTドコモSOマーティーにインターセプトされてしまいます。約80mを走り切られ、先制トライを許します。
0-7。
リスタート後も悪い流れが続きます。接点で押し込まれる場面が目立ち、セカンドタックラーの遅れが多くなるとNTTドコモは縦に前進し続けます。
30分、ライナーズは後ろに下がりながら苦しいディフェンスを続けると、NTTドコモは左右に展開をはじめます。これにライナーズは対応できず、ディフェンスが薄くなった左端にトライを許してしまいます。
難しいコンバージョンも決められて0-14。
 
これ以上離されたくないライナーズは、スクラムとともに強みにしてきたモールで挽回します。中盤でペナルティを得ると、SO野口の長いキックで敵陣深くへ。ラインアウトからモールで前進すると、NTTドコモはペナルティが連発しライナーズが俄然優位に。ついに35分にHO樫本が抑え、トライをもぎ取ります。
 
リスタート後は一旦自陣でのプレーを強いられますが、NTTドコモボールのラインアウトを立て続けに奪うなどして敵陣へ。粘り強くフェイズを重ね、46分にWTBロテが右端でトライを奪います。
角度のあるコンバージョンをSO野口が決めて14-14。同点にして前半を終えます。
 
後半はメンバーを大幅に入れ替えます。新加入のHOミュアーや先週の中国電力戦から戦列に復帰したFBコンブリンクも入り、公式戦では出場機会に恵まれないメンバーもグラウンドに入ります
 
しかし、この交代によって前半に見せていた強みが発揮されなくなります。ディフェンスでのギャップも多くなり、ラックでも押されるシーンが散見され始めます。
タックルをするも容易につながれてしまい、6分にトライを許すと、リスタート後の9分には敵陣で一度もタックルで相手を倒すことができずにディフェンスラインを突破されトライを奪われます。14-26と一気に劣勢に。
 
後半12分、嫌なムードを振り払うようにFBコンブリンクが魅せます。自陣に蹴り込まれたボールを持つと、乱れていたNTTドコモのディフェンスをスルッと抜けて独走。左端にトライを決めて19-26と挽回します。
 
しかし、この後もライナーズは自陣でのプレーが続きます。接点で負け、ディフェンスも遅れるとポゼッションもエリアも劣勢が続き、次々にトライを許し、後半だけで被トライ6の惨事に。
 
後半30分に、SH住吉のゲインから敵陣に入り、外のPR尾池がディフェンスを突破してトライを奪いましたが、見せ場はそれのみ。
 
24-61と大差での敗戦となりました。
 
自分たちの現在地を知るために行った試合は、厳しい現状を突きつけられる形になりました。前半は試合展開もスコアも互角の勝負でしたが、後半出場したメンバーはより一層のレベルアップが求められます。
 
今週末からはタイトな戦いが続きます。さらにステップアップし、12月23日をターゲットにして戦い続けていきます。
引き続きご声援よろしくおねがいします。

ラグビー体験を実施しました

10月14日(日)東大阪市花園ラグビー場前にある噴水広場で開催されましたイベント「東大阪の夕べ」の中でNTTドコモレッドハリケーンズと共同でラグビー体験と、11月4日に行われるトップチャレンジリーグ第7節、対NTTドコモレッドハリケーンズ戦の告知をおこないました!

近鉄ライナーズからは萩原選手、尾上選手、そしてタウファ統悦アンバサダーの3名が参加。

当日はリニューアルした花園ラグビー場の一般向け内覧会も開催され、多くのお客様で賑わいました!

11月4日(日)花園ラグビー場で行われますトップチャレンジリーグ第7節「近鉄ライナーズ VS NTTドコモレッドハリケーンズ」に向けて両チームで盛り上げていきたいと思います!!

皆様是非11月4日は新しくなった花園ラグビー場で近鉄ライナーズの応援よろしくお願いします!!

近鉄ライナーズの試合日程はこちら

Dsc_0570

 

Dscpdc_0001_burst20181014102515142

 

Dscpdc_0001_burst20181014123440475

 

浜名湖サービスエリアで普及活動を行いました

10月14日(日)浜名湖サービスエリアでヤマハ発動機ジュビロと共同で普及活動を行いました。

近鉄ライナーズからは、野中選手、石井選手、中村選手、ステイリン選手の今年新加入したメンバー4名が参加、ヤマハの選手と共に、腕相撲対決、ラインアウト体験、コンタクト体験の3つのステージで楽しんでいただきました。

ラグビーワールドカップが来年に迫りラグビーの関心度も高まっているのか、多くのお客様に立ち寄っていただき休日のサービスエリアがとても盛り上がりました!

Image5

 

Image2

 

Image9

 

Image4

 
イベントの第2部では、目隠しをした状態で瓶に記された線までぴったり飲めるかを競う「ぴったり飲みましょう大会」を行い、選手とお客様とで対決しました!
 

Image6

 
参加していただいた皆様はじめ、浜名湖サービスエリアスタッフの皆様、ヤマハ発動機ジュビロの皆様どうもありがとうございました!!
 
 

2018年10月12日 (金)

応援列車ツアー募集、締切日迫る!

リニューアルした花園ラグビー場で11月4日(日)に行われる。

NTTドコモレッドハリケーンズ戦の応援列車ツアーを、名古屋・伊勢志摩方面から運転いたします。

応援列車の車内では、選手のサイン会・ジャージやボールが当たる抽選会などお楽しみも盛りだくさんです。

詳しくは下記URLをご覧ください。是非、参加していただき選手の応援をお願いいたします。

https://www.kintetsu-g-hd.co.jp/liners/event/

締切日 2018年10月21日(日)

2018年10月10日 (水)

特殊詐欺防止キャンペーンに参加しました

10月10日(水)近鉄布施駅で行われた特殊詐欺防止キャンペーンにタウファ統悦アンバサダーが参加しました。

布施警察署管内では、今年既に20件総額1億円以上の被害が出ています。


統悦アンバサダーは、「One For All,All For Oneの精神で助け合って、詐欺被害を防ぎましょう」と市民に皆様に呼びかけました。

Dsc_0552

 

Dsc_0555

Dsc_0543

 

【練習試合のお知らせ】NTTドコモレッドハリケーンズ戦

練習試合の開催をお知らせいたします!

日  時 2018年10月13日(土)  13:00K.O.(予定)

対戦相手 NTTドコモレッドハリケーンズ

会  場 NTTドコモ練習グラウンド(ドコモ大阪南港グラウンド)

アクセス http://docomo-rugby.jp/team/

メンバー 

FW 田中 健太、樫本 敦、尾池 亨允、寺田 桂太、山口 浩平、野中 翔平、田淵 慎理、村下 雅章、才田 修二、ディーン・ミュアー、尾上 俊光、堀 大志、辻 直幸

BK 福居 武、野口 大輔、パク・ハンギョル、アンソニー・ファインガ、森田 尚希、トゥキリ・ロテ、南藤 辰馬、住吉 藍好、吉井 耕平、オリビエ・パトリス、三原 亮太、矢次 啓佑、島 直良、ルアン・コンブリンク

皆様の応援よろしくお願いいたします。

追加登録選手のお知らせについて

近鉄ライナーズの追加登録選手について

 近鉄ライナーズ2018年度の追加登録選手について、以下のとおりお知らせします。

■追加登録選手

氏名

ポジション

出身校

生年月日

身長
(cm)

体重
(kg)

備考

ディーン ミュアー

HO

マトリック グリーンウッド高校

1989/2/6

181

103

 

Deanmuir365x365

2018年10月 9日 (火)

チャレンジリーグ第4節 中国電力レッドレグリオンズ戦の記事が掲載されました

●東大阪の総合情報サイト「週刊ひがしおおさか」で、チャレンジリーグ中国電力レッドレグリオンズ戦の記事が掲載されました。

 記事はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

http://www.w-higa.com/44751

■週刊ひがしおおさか( http://www.w-higa.com/ )

「特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか」が運営する地域情報サイト。日々東大阪に関連するニュースや東大阪市に関する特集、ラグビー情報を掲載しています。

●ラグビーリバブリック(ラグビー共和国)

https://rugby-rp.com/news.asp?idx=114064&code_s=1002

【マッチサマリー】チャレンジリーグ第4節 中国電力レッドレグリオンズ戦

トップチャレンジリーグ1stステージ第4節は、昨年度の下位グループとは最後の対戦になる中国電力戦。今シーズン初の地元大阪での公式戦を10月7日(日)に万博記念競技場にて行いました。

スタンドはライナーズファン一色。大きな声援を背に受けて戦いました。

前半はSOステイリンのキックオフでスタート。ライナーズはバックスタンドに向かって右から左、風下で試合が開始されます。
序盤はキックでのエリアの取り合いです。WTBマシレワ、今シーズン初出場となるFBコンブリンクを中心に蹴り合いに付き合う形になります。

先制したのはライナーズです。前半6分、敵陣で粘り強く攻め、WTBマシレワが中盤から一気にゴールライン前へ。止められてしまいますが、ディフェンスが戻れなかった中国電力からホールディングスのペナルティを得ます。ライナーズのFWはここで迷わずスクラムを選択。一気にインゴールまで押し込み、No.8イオプアソがトライを上げます。

しかし、ここから苦戦してしまいます。出足早くプレッシャーを掛けてくる中国電力のディフェンスに苦戦。またリズムにのる前にハンドリングエラーでアタックが続かず。FLロロの負傷交代などもあり、なんと15分から30分までの間自陣に釘付けにされてしまいます。

澱んだ空気を振り払ったのは、アグレッシブなプレーでした。SOステイリンと初出場のWTBパクが連続でディフェンスを突き抜ける力強い突進を見せると敵陣へ。さらに再びSOステイリンが相手ボールスクラムをチャージするなど、チームを鼓舞するかのようにいいプレーを連発します。

リスタートのキックを自陣深くまで蹴り込まれますが、三度SOステイリンが魅せます。
自陣22m付近右中間で、外のWTBマシレワにパスを出すと見せかけて自らまっすぐ走ると、中国電力のディフェンスを3人置き去りにして独走します。フォローに付くのは、WTBマシレワとPR石井。残り22m付近で冷静に、内に切り替えしたWTBマシレワにパスをして、ようやく2本めのトライを奪います。コンバージョンも決まって14-0。

前半終了間際の42分にはWTBマシレワがインターセプトから60mを走りきってトライを奪います。21-0で折り返します。

前半は自分たちのペースで進められないものの、相手のミスに乗じて得点を重ねた感がありましたが、後半はライナーズの強みが発揮されました。

力差が顕著なスクラムを起点に、7分に残り5mマイボールラインアウトからモールでHO高島がトライ。

その後も、CTB井波、WTBパクがいいゲインを見せ、13分にはまたもラインアウト、モールでLOストーバークがトライ。
18分には、敵陣10m付近でCTB野口からWTBマシレワへとつないでラインブレイク。そのままトライを上げるトライラッシュ。38-0とほぼ試合を決めます。
さらに23分にモールでHO高島が、31分にはラックサイドの走り込んで20mを走り抜いたLOストーバークが連続トライ。

最後は、ロスタイム。SH福居が右奥のスペースに蹴り込むと、中国電力・FB黒川が残り5m付近で持ったままタッチへ。CTB井波はそのボールを奪い取り、クイックスローでWTB矢次へと渡してダメ押しのトライを奪いました。最終スコアは、55-0。

終わってみれば9トライの猛攻で、中国電力にスコアさせない圧勝です。
しかし、前半の相手が元気な時間に圧倒できませんでした。ハンドリングエラーとディシプリンは未だ大きな課題です。
そんな中、チーム一体となったつなげてトライを取る形は確実にレベルアップしています。

次戦からはいよいよ上位チームとの戦いに入ります。ここまで積み上げたライナーズのスタイルを強みに、トップリーグ復帰へと駆け上がります。
引き続きご声援をよろしくおねがいします。

試合の様子 https://blog2.kintetsu.co.jp/photo_gallery/

千里カップに参加しました

10月8日(月)大阪府立千里高等学校で行われました「第2回千里カップ」に近鉄ライナーズのタウファ統悦アンバサダーが特別講師として参加しました。

千里カップに出場する中学生約150名対象に講演会を行い、その後行われた試合ではアドバイザーとして各チームにつき試合を観戦、コーチングを行いました。

講演会では「夢」をテーマに、夢を持つことの大切さ、壁にぶつかった時どのようにそれを乗り越えていくのか、など統悦アンバサダーのこれまでの経験をもとに学生に向けてとても熱のこもった熱い講演となりました。

本戦ではどの試合もとても白熱した試合内容でしたが、吹田ラグビースクールがフォワード、バックス一体となったバランスの取れたラグビーで総合的に他チームより勝り、見事千里カップ連覇を果たしました。

暑い中試合に出場した中学生、主催者の千里高校ラグビー部の生徒達、その他各関係者の皆様本日はどうもありがとうございました!!

今日の学生の中から将来近鉄ライナーズに入団し活躍してくれる選手が現れてくれれば私たちもとても嬉しいです!!

本日はどうもありがとうございました!!

Dsc01299

 

Dsc01302

 

Dsc01310_2

 

Dsc01333

 

Image1