2018年9月21日 (金)

リーグ戦第2節 九州電力キューデンヴォルテクス戦の記事が掲載されました!

東大阪の総合情報サイト「週刊ひがしおおさか」で、チャレンジリーグ九州電力キューデンヴォルテクス戦の記事が掲載されました。

 記事はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

http://www.w-higa.com/category/rugby

■週刊ひがしおおさか( http://www.w-higa.com/ )

「特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか」が運営する地域情報サイト。日々東大阪に関連するニュースや東大阪市に関する特集、ラグビー情報を掲載しています。

2018年9月20日 (木)

トンプソン ルーク選手のトークイベントの様子

3年前(2015年)の9月19日、ラグビーワールドカップで日本代表が南アフリカに勝利した日に、現地で選手と一緒に歓喜したファンも集ったトークイベントに、日本代表#4ロックとして出場したトンプソン ルーク選手が参加しました。

ラグビー解説でおなじみの村上晃一氏と2015年の思い出と2019年開催ワールドカップ日本大会に向けた期待などをファンの皆様と語っていただきました。

Img_0823_2

Img_0821_2

 

 

2018年9月19日 (水)

【練習試合】同志社大学戦のご案内

練習試合のご案内です。

日時 2018年9月20日(木) 15:30 K.O.

場所 多目的球技広場(トライスタジアム)  東大阪市

メンバー

FW 浅岡 勇輝、中村 彰、前田 龍佑、山口 浩平、寺田 桂太、野中 翔平、萩原 寿哉、村下 雅章、才田 修二、尾上 俊光、田淵 慎理

BK 福居 武、野口 大輔、パク・ハンギョル、三原 亮太、井波 健太郎、矢次 啓佑、ルアン・コンブリンク、住吉 藍好、吉井 耕平、南藤 辰馬

【マッチサマリー】2018トップチャレンジリーグ 第2節九州電力キューデンヴォルテクス戦

トップチャレンジリーグ1stステージ第2節、九州電力キューデンヴォルテクスとの対戦は、福岡県・ミクニワールドスタジアム北九州にて行われました。前節マツダ戦にて、勝利したものの課題が多かったライナーズ。敵地に乗り込んでの仕切り直しとなりました。
 
15時、九州電力のキックオフで試合がスタート。前節で出た試合の入りに"相手の動きに合わせてプレーしてしまう悪癖"を改善するため、この日は「試合開始からアグレッシブに」をテーマに挑みました。それが裏目に出たのか試合開始早々の前半2分、No.8イオプアソに危険なタックルでシンビンが適用されます。
 
なにもしないうちに1人を欠いてしまいましたが、これがチームの結束を固めます。数的不利を感じさず、前節から改善点を確実にクリアしていきます。
特にFBマシレワはコンディションもよく、見事なスピードでディフェンスを交わし続けます。
 
3分、相手キックを自陣でキャッチしたWTB島にディフェンスが3人集中しギャップが生まれます。内にサポートしていたFBマシレワに渡すと50m独走しゴール前へ。サポートに来たLOトンプソンのノックオンでスコアには至りませんでしたが、チームとしてFBマシレワのパフォーマンスを活かし、チャンスを作ります。
ディフェンスに回ることも少なく、スクラムも7人で耐えセットプレーでの不利も感じさせません。
 
そして6分、相手陣ラインアウトからグラウンドを広く使ってボールを回し、5フェイズめのアタックで、SHライアン、FL辻、PR豊田と左外へつなぐと2対1に。一番外にいたFBマシレワが内へステップを踏むと22m走りきって、先制トライ。さらに12分には自陣でのディフェンスで、SHライアンが絶妙なタックルで相手のノックオンを誘うとターンオーバー。すばやくボールを回すと、ハーフウェイラインからFBマシレワが一気に左サイドを駆け上がります。ゴールライン目前でサポートしていたSHローウェンにパスを回してトライを奪うとスタンドから歓声が上がります。
 
21分は、左サイドラックからNo.8イオプアソへパスアウトすると、内がえしでLOトンプソンへ。ディフェンス2人を巻き込みながら、オフロードでSHライアンにパスを通すとそのままこの試合2つ目のトライで、21-0。野口に代わってスターティングメンバーに入ったSOステイリンも3つ全てコンバージョンを決め、着実にステップアップするチームを体現できるかに見えました。
 
ところが26分、No.8イオプアソが再び危険なタックル。1試合に2回の危険なプレーでレッドカードが適用されると試合の流れは急激に変化します。
 
数的不利を抱えることになった展開に、ペナルティが多くなり少しバタついたプレーが目立ち始めます。
29分には九州電力WTB磯田にディフェンスの裏へキックを蹴られると、対応できずトライを献上。
 
重い空気が流れる中、FW奮闘が光ります。FLロロ、LO松岡がしつこいタックルで敵陣で相手の球出しを遅らせると、ラックでターンオーバー。ロストボールにすばやく反応したLO松岡がラックサイドを走ってきたHO高島へパス。右外にWTB島がサポートに入るなか、自ら走りきってトライを奪います。26-7で波乱の前半が終わります。
 
後半も立ち上がりは上々です。6分にCTB森田のグラバーキックから右外で走り込んだFBマシレワがトライを奪い、31-5。
 
20分にCTBシリベヌシィのトライと、SOステイリンのコンバージョンで38-5。
ここから、前節では相手を畳み掛ける時間だった最後の20分に入りますが、この試合ではライナーズに疲れが見え始めます。
 
試合のほとんどを14人で戦っったためか、足が動かなくなり始めます。ディフェンスにギャップが生まれやすくなり、相手に走られるシーンが目立ちます。
次々にリザーブメンバーを投入しますが、悪くなった流れは変えられず、33分、42分とトライを奪われて結局38-17で試合を終えました。
 
強風が吹くなか、エリア取りにも問題なく、FWでもBKでも勝ってライナーズスタイルの構築ができていると感じさせる試合内容でした。
しかし、ディシプリンはまだまだ改善されておらず、14人で戦ったとは言え最後の20分に現れたスタミナ不足は大きな課題です。
 
逆境のなかいいパフォーマンスを見せられたのは確かですが、それでも80分バテない選手がライナーズには必要なのです。
 
次戦は9月28日(土)に滋賀県・東近江市布引運動公園陸上競技場にて栗田工業戦です。ライナーズスタイルを構築するために、選手スタッフ一同がんばります。引き続きご声援をよろしくおねがいします。
 

2018年9月14日 (金)

9月29日応援バスツアーの記事が掲載されました!

東大阪の総合情報サイト「週刊ひがしおおさか」で、応援バスツアーの記事が掲載されました。

9月29日(土)2018ジャパンラグビートップチャレンジリーグ第3節 

栗田工業ウォーターガッシュ戦を応援バスで観戦に行こう!

 

■週刊ひがしおおさか( http://www.w-higa.com/ )

  • 「特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか」が運営する地域情報サイト。日々東大阪に関連するニュースや東大阪市に関する特集、ラグビー情報を掲載しています。

【公式戦のご案内】 九州電力キューデンヴォルテクス戦のご案内

2018ジャパンラグビートップチャレンジリーグ 第2節が9月16日(日)に開催されます。皆さまのご来場をお待ちしています!

 【試合案内】

■名  称   2018ジャパンラグビートップチャレンジリーグ第2節

■日  時   2018年9月16日(日) 15:00キックオフ

■場  所   ミクニワールドスタジアム北九州(福岡県)

■対戦相手   九州電力キューデンヴォルテクス

■メンバー   http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/liners/pc/yotei/member.html

※当試合の前にトップチャレンジリーグ 中国電力VS栗田工業の試合があります(12:30 K.O.)

 

【ライナーズ受付案内】

■受付時間   11:00~15:40

       (ライナーズ試合の前半終了まで)

  • 上記時間帯で入場券引換え・サポーターズクラブ新規入会受付を実施いたします。
  • キックオフ直前の時間帯は混雑が予想されますので、お早めにお済ませいただくことをお勧めいたします。

■グッズ販売  旧レプリカジャージ・キャップ・ミニボール(各限定数のみ)  

2018年9月11日 (火)

トップチャレンジリーグ公式動画サイトのお知らせ!

2018ジャパンラグビートップチャレンジリーグ公式動画サイトのお知らせ。下記URLからトップチャレンジリーグの試合の映像をご覧になれます。

トップチャレンジリーグ動画サイト  https://www.rugby.or.jp/movie/

2018年9月10日 (月)

開幕戦!マツダブルーズーマーズ戦の記事が掲載されました。

東大阪の総合情報サイト「週刊ひがしおおさか」で、近鉄ライナーズ開幕戦マツダブルーズーマーズ戦の記事が掲載されました。

 記事はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

http://www.w-higa.com/44442

■週刊ひがしおおさか( http://www.w-higa.com/ )

「特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか」が運営する地域情報サイト。日々東大阪に関連するニュースや東大阪市に関する特集、ラグビー情報を掲載しています。

【マッチサマリー】2018トップチャレンジリーグ 第1節マツダブルーズーマーズ戦

トップリーグ復帰は最低限の目標。2018年のライナーズ公式戦は、トップチャレンジリーグからはじまります。

初戦は、マツダブルーズーマーズと三重県・三重交通Gスポーツの杜鈴鹿にて、14時から。遠方から来てくださった熱心なライナーズファンの声援を背に受けて、SO野口のキックオフで「トップリーグ復帰」に向けた戦いが始まります。

初戦のテーマは”ライナーズのスタイルをしっかり出して行くこと”でしたが、試合の入りは全く自分たちのスタイルを出せません。

相手の動きに合わせて自分たちがプレーをしてしまう、いわゆる受ける状態で時間が進みます。

自らアクションを起こすのではなく、相手の動きに合わせてリアクションでプレーするため、常に後手に回った前半3分。自陣でのディフェンスで、マツダの14ワラブカが足にかけるとボールはインゴールへ。そのまま抑えられて先制トライを献上します。コンバージョンも決まって0-7に。

思わぬトライを奪われてチーム全体が目を覚まさなければなりませんが、ここからも今ひとつピリッとしません。

なんとか前半13分に、ゴールライン目前マイボールスクラムで完勝すると、No.8イオプアソが持ち出してSHローレンス、FBマシレワと渡りトライ。ライナーズ今シーズン初トライは、頼れるトライゲッターのNo. 1ステップから生まれます。

コンバージョンも決まって7-7。

22分にはSHローレンスのチャージから得た敵陣ゴールライン目前のマイボールスクラムで、先程と同じようにグッと押し込んで今度はNo.8イオプアソがサイドを潜り込んでトライ。12-7とします。

続けて25分、敵陣深くのラインアウトから順目にアタックすると、左外に待っていたFBマシレワへ。外のWTBオリビエを残しながら、パスダミーを入れる冷静さを見せてしっかりトライを奪います。これで19-7、トライラッシュの期待が膨らみます。

ところが、この後は決定機を作ることができません。逆にマツダにペースを握られる時間もありつつ、なんとか耐えて19-7のまま前半を終えます。

スクラムは完勝。しかし、ラインアウトに不安が残り、近年課題だったBKの連携も不透明。唯一の明るい要素はルーキーで開幕スタメンを勝ち取ったPR石井のパフォーマンス。点差的にも内容的にも不安な状況で後半を迎えます。

メンバーチェンジなしでスタートした後半、ここでもトライを先に奪われます。後半3分にラインアウトからラックを作られ、サイドを押し込まれ被トライし19-14。またも自ら動けず、相手の動きに合わせてしまいます。

10分にスクラムトライで26-14となんとか突き放すも、ボールを回すとなかなか前に出られません。逆に自陣深くでディフェンスする場面もあり、自分たちのペースとは言い難い時間が過ぎていきます。

ようやくマツダに疲れが見え動きが鈍って来た23分、ラインアウトからスタートし、コンタクトで各々が前に出てプレッシャを与え、ボールキャリアの近くにランナーが複数立って相手のディフェンスを撹乱。SO野口が左にギリギリのパスをFBマシレワに通してWTBオリビエがサポートに着きながらトライ。チーム一体となってトライを奪います。

28分には、SH金がレフリーの影を利用するようにスクラムサイドを抜けると斜めに走り込んだCTB森田にパス。変則的な動きにマツダディフェンスは対応できず、CTB森田は一気にゴールライン目前に迫ります。一旦ラックができるも、SO野口がLOストーバークにパスアウトするかに見せて、外から走り込んだFBマシレワにパスをしてトライ。

続く30分は、自陣10mライン付近からFBマシレワが個人技で敵陣22mライン付近までゲイン。サポートしたLOストーバークに渡して連続トライ。エンジンの違いを見せて、47-14と試合を決めます。

さらに40分には急遽FLで出場した中村が見事なボディコントロールでトライを奪い、54-14。

最後はスタンドからの声援に応えるように、SO重光のロングキックパスをWTB島へ通してトライを奪取。62-14でシーズン初戦を終えました。

最終スコアは大差での勝利でしたが、自分から動けない悪い癖は治らず、自らのスタイルを体現することはできませんでした。最後20分ではいいプレーも多く見られましたが、相手のワークレートが落ちた時間帯だったことを忘れてはいけません。

12月23日の入替戦に向けて、チームスタイルを築き上げるシーズンにすべく努力していきます。

今シーズンもなお一層のご声援、よろしくお願いします。

試合の様子 https://blog2.kintetsu.co.jp/photo_gallery/ 

2018年9月 6日 (木)

ライナーズの記事が掲載されました!

東大阪の総合情報サイト「週刊ひがしおおさか」で選手座談会および有水剛志ヘッドコーチの記事が掲載されました。

開幕戦直前!近鉄ライナーズ選手座談会 今年はここが違う!

 

近鉄ライナーズ開幕戦直前インタビュー!有水剛志ヘッドコーチに迫る 今季、チームはどうなりますか?

 

■週刊ひがしおおさか( http://www.w-higa.com/ )

  • 「特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか」が運営する地域情報サイト。日々東大阪に関連するニュースや東大阪市に関する特集、ラグビー情報を掲載しています。