2017年12月14日 (木)

【ご案内】トップリーグ第12節 東芝ブレイブルーパス戦について

トップリーグ2017-2018 第12節が3日後に迫りました!皆さまのご来場をお待ちしています!

 

【試合案内】

■名  称   ジャパンラグビートップリーグ2017-2018 第12節

■日  時   2017年12月17日(日) 11:30キックオフ

■場  所   熊谷スポーツ文化公園陸上競技場(埼玉)

■対戦相手   東芝ブレイブルーパス

■グリーティングタイム   「パターン②(2)」
※グリーティングタイムの詳細については、こちら 

※当試合の後に、パナソニックvsリコーの試合があります(14:00KO)

 

【ライナーズ受付案内】

■受付時間   9:50~12:10(ライナーズ試合の前半終了まで)

  • 上記時間帯で入場券引換え・サポーターズクラブ新規入会受付を実施いたします。
  • キックオフ直前の時間帯は混雑が予想されますので、お早めにお済ませいただくことをお勧めいたします。

■グッズ販売  な し

■ライナーズ関連イベント  な し

2017年12月12日 (火)

【マッチサマリー】 トップリーグ第10節 神戸製鋼戦

リーグ戦も残り3試合。もう1つも負けられないなか、ライナーズは12月9日(土)、伝統の阪神ダービー・神戸製鋼戦を神戸総合運動公園ユニバー記念競技場にて戦いました。なお、近鉄グループホールディングス株式会社 山口昌紀 相談役が前日に逝去したことに伴い、ライナーズの全選手が腕に喪章を着けて試合に臨みました。

 

【前 半】

若干の風上の中、キックオフ。SO野口、FBマシレワのキックで優位に立ちたいところでしたが、試合開始早々の3分、FBマシレワのキックをチャージされ、自陣深くで相手ボールのラインアウトとなり、その後タックルミスからSOイーリに先制トライを奪われます。コンバージョンも決まって0-7。

16分には自陣22m内のディフェンスが左サイドに偏ってしまい、キックパスで右サイドに振られてWTB林にトライを許し、0-14。試合序盤で試合の主導権を握られてしまいます。

さらに22分にもPGを決められて0-17となりますが、ここからようやくライナーズのアタックに勢いが出てきます。風上を利して、キックのエリア取りで優位に立ち、23分にテンポの良いアタックからFL田淵がインゴールに飛び込みます。これはオブストラクションの判定でノートライとなりますが、これに気落ちすることなくその後もライナーズが優勢に試合を進めます。

29分に自陣10mライン付近での神戸製鋼ボールスクラムを完全に押し勝ってNo.8イオプアソがスティール。相手選手が誰もいない左サイドを走ってゴールライン手前5mまでビッグゲイン。インゴール直前でディフェンスされたものの、冷静にFL田淵にパスを出し、一気に右へボールを回すとFBマシレワがディフェンスをかわしてトライを奪います。相手ディフェンスを完全に崩してのトライに、スタンドのライナーズファンから大きな声援が起こりました。SO野口のコンバージョンも成功し、7-17。

その後もライナーズペースで試合が進みますがスコアには至らず、7-17のまま前半を終了します。

  

【後 半】

前半の追い上げムードのまま、後半は是が非でも先にスコアして点差を詰めたいところでしたが、開始直後から神戸製鋼の攻勢にさらされ、6分に自陣のラックのターンオーバーからトライを奪われて7-22とされます。13分にSO野口のPGで10-22としますが、16分に敵陣でのパスミスを神戸製鋼CTB山中に奪われて独走トライを許し、7-27。自分たちのミスからスコアされ、点差を広げられてしまいます。

その後はライナーズが臆せず攻め続けます。途中出場のCTBアーウォン、No.8イオプアソ、FBマシレワがゲインを繰り返し、試合を優位に進めるなか、20分に敵陣左サイドでFLトンプソンがゲイン。その外でフォローするWTB島にボールをつなげると、スピードを活かして残り20mを走りきり、そのまま飛び込んでトライ。難しい角度からのコンバージョンをSO野口が決めて17-27と10点差とし、逆転への望みをつなげます。

さらにアタックを続けるライナーズでしたが、課題のラインアウトや、パスの精度が悪くFWでの優位性とスピードを活かせません。逆に不用意なペナルティーやミスを神戸製鋼に確実にトライに結び付けられ、後半36分で17-39と試合を決められてしまいます。

38分、FLトンプソンがディフェンスを交わし続けて約30m走りきりトライを奪って意地を見せます。ホーンが鳴ってからもチーム一丸のアタックを試みましたが、ここでも敵陣でのパスミスからボールを蹴り出され、結局22-39のスコアで試合終了。

今シーズン一番のアタックを見せつつも、相次いだミスを確実に得点に結びつけられ、点差をつけられての敗戦となりました。課題となったプレーの精度にフォーカスし、次節の東芝戦に必勝を期して準備していきます。引き続きのご声援をよろしくお願いします。

 

 

坪井監督コメント

「本日の試合に際しまして、兵庫県協会をはじめ関係者の皆様に御礼を申し上げます。前節から中5日という短い準備期間でしたが、自分たちの強みをさらに磨こうと準備してきました。感想を申し上げますと、悪いところと良いところがはっきり出た試合でした。開始早々キックチャージに始まりラインアウトミスやタックルミスといった自分たちのミスで相手にスコアさせてしまいましたし、良いアタックができているにも関わらずパスの精度が悪く相手のスコアに繋げられました。ポジティブな面でいえば、強みであるスクラムでターンオーバーしてトライに繋げることができましたし、最後まで諦めずアグレッシブにアタックする姿をお見せすることができました。来週は東芝さんが相手で強豪との対戦が続きます。ベストな準備をして臨みたいと思います」

 

樫本キャプテンコメント

「本日は素晴らしい会場で試合をさせていただき、有難うございました。自分たちのアタックやディフェンスの改善点が明確に見えた試合でした。敵陣へ入ってから攻めきれなかったことと、自分たちのミスで相手に流れを与えてしまったことを修正して次の試合に活かしていきたいと思います。」

 

試合の写真はフォトギャラリーをご覧ください
↓ ↓ ↓
http://blog2.kintetsu.co.jp/photo_gallery/2017/12/11-cd9e.html

(写真:加守 理祐)

2017年12月 7日 (木)

学生インターンシップ研修を行いました

近鉄ライナーズは普及活動の一環として、会社が学生を対象に実施するインターンシップ研修でラグビー研修を実施しています。

前回11月7日(火)に続き、12月5日(火)に近鉄西大寺スポーツセンターにて、近鉄グループホールディングス㈱のインターン学生20名を対象にラグビー研修を行いました。

最初にラグビー運営部の事業説明を行った後、ラグビー体験を実施しました。ラグビー体験には森選手、高島選手、熊崎選手、金選手が講師として参加し、ラグビーの基本プレーであるパス、コンタクトを中心に体験してもらいました。

「まさかインターンでラグビーをするとは思いませんでした」と多くの学生が驚いていましたが、全員で積極的に取り組み、ラグビーを楽しんでもらいました。

これを機に是非ラグビーに興味を持っていただき、近鉄ライナーズを応援してください!

 

 

Imgp6612

中川部長の講話

 

Imgp6635

講師を務めた4選手(左から森選手、高島選手、熊崎選手、金選手)

 

Imgp6642

全員でウォーミングアップ

 

Imgp6654

ボール取りゲームの様子

 

Imgp6665

負けたチームは恒例のスタージャンプ!!

 

Imgp6670

ラダー体験の様子

 

Imgp6679

パスのデモンストレーション

 

Imgp6687

Imgp6698

パス体験の様子

 

Imgp6708

Imgp6709

コンタクト体験の様子

 

Imgp6718

参加いただいた学生の皆さん、ありがとうございました!

【ご案内】トップリーグ第11節 神戸製鋼コベルコスティーラーズ戦について

トップリーグ2017-2018 第11節が2日後に迫りました!皆さまのご来場をお待ちしています!

 

【試合案内】

■名  称   ジャパンラグビートップリーグ2017-2018 第11節

■日  時   2017年12月9日(土) 13:00キックオフ

■場  所   神戸総合運動公園ユニバー記念競技場(兵庫)

■対戦相手   神戸製鋼コベルコスティーラーズ

■グリーティングタイム   「パターン②(2)」
※グリーティングタイムの詳細については、こちら

 

 

【ライナーズ受付案内】

■受付時間   11:30~13:40(ライナーズ試合の前半終了まで)

  • 上記時間帯で入場券引換え・サポーターズクラブ新規入会受付を実施いたします。
  • キックオフ直前の時間帯は混雑が予想されますので、お早めにお済ませいただくことをお勧めいたします。

■グッズ販売  あ り

 

 

【ライナーズ関連イベント案内】

オリジナル応援ハリセン配布
サポーターズクラブ会員様限定

上記試合にお越しいただいたサポーターズクラブ会員(当日入会者も含む)に、オリジナル応援ハリセンを配布します。当試合のみの限定グッズです。ハリセンを叩いて、ライナーズの応援をお楽しみください!

 

ポッカサッポロドリンクプレゼントキャンペーン
サポーターズクラブ会員様限定

内容については、こちら

 

抽選会
サポーターズクラブ会員様限定

内容については、こちら

2017年12月 4日 (月)

【マッチサマリー】 トップリーグ第10節 サントリー戦

11月のウィンドウマンスも明けて、トップリーグが再開。えがお健康スタジアム(熊本)にて昨年度の王者サントリーサンゴリアスと対戦しました。一昨年は見事な勝利をもぎ取りましたが、昨年は開幕戦で1点差の敗戦。リベンジを期して挑みました。外国人枠を考慮してNO8イオプアソをリザーブ、11月に合流したばかりの新戦力のCTBナイジェル・アーウォンをスターティングメンバーで起用し、バックスのアタック強化を意識したメンバーで臨みます。

 

まず先制はサントリーでした。キックオフからテンポの良いアタックでライナーズ陣内に入ると、10mライン付近でループパス。ライナーズディフェンスが薄くなった内をCTBマグネイに突かれて一気にインゴールまで走られてしまいます。コンバージョンは外れて0-5。簡単にサントリーペースでトライを許します。

 

それでも、その後は相手の好きにさせません。接点では後手を踏みながらも、要所要所でサントリーのアタックのテンポを遅らせて粘り強いディフェンスで対抗し、追加点を許しません。

 

得点はビハインドながらもゲームの主導権を握りつつあるかに見えましたが、20分過ぎ、攻め込みながらもミスで得点に結び付けられず、エリア取りで後手を踏むと、続けてペナルティを犯してしまいます。サントリーはすかさずゴールライン前まで攻めると、27分、SO小野がグラウンドの端から端まで蹴り込んだキックパス。WTB長友に抑えられ、トライを奪われます。コンバージョンも決まって0-12と突き放されます。ディフェンスは機能しているものの、アタックでは自分たちのミスから良い流れを継続できません。

しかし30分を過ぎたあたりから、ライナーズのアタックに勢いが増します。SO野口の精度が高いパスにWTB矢次、CTBアーウォンが応え、よく前に出られるシーンが目立つようになります。

ついに36分、22m内でフェイズを重ねてゴールライン際まで迫ると、ラックからボールを持ち出したSH榎本が自ら持ち込んでトライを奪います。SO野口のコンバージョンは外れたものの5-12と追い上げ体制に入り、前半を終了します。 

 

 

【後 半】

後半に入ってもライナーズの勢いは続きます。1分、密集でターンオーバーするとSH榎本が敵陣深くへキック。点々とするボールに自分から働きかけ、サントリーのボール処理に絡んでペナルティを得ます。残り5mのマイボールラインアウトという絶好のチャンスでしたが、サントリーにボールを取られてしまいます。その直後に再度残り5mでマイボールラインアウトを得ますがまたも失敗、スコアには至りませんでした。

 

このチャンスをものにできなかったことが影響してか、その後ライナーズはオフサイドを連発してしまいます。サントリーは常にアドバンテージを得ながらアタックできる状況となり、ライナーズは劣勢に立たされます。12分にサントリーにPGを決められて5-1510点差に広げられ、さらに直後のアタックでこの試合動きのよかったSH榎本が負傷交代をすると、完全に流れはサントリーへ。

 

17分には大外へのパスを奪おうとしたFBマシレワがインテンショナルノックオンでペナルティトライを献上。5−22に点差を広げられ、さらにシンビンで14人に。その後もサントリーにゲームを支配され、28分と38分にラインアウトからモールを押し込まれてトライを献上。ライナーズ最後のアタックも、密集でのノックオンで試合が終了しました。

 

5-34と力差を感じさせられる敗戦となりました。前節NEC戦の課題だったラインアウトはこの試合でも精度が低く、致命的なミスが目立ちました。ディフェンスは自分たちの形を維持でき、アタックの精度も高まりつつあります。次節、神戸製鋼戦に向けて集中力を高め、しっかり準備して挑みます。

 

引き続きのご声援よろしくお願いします。

 

 

坪井監督コメント

「はじめに昨年4月の熊本県での地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。また、近鉄が熊本でトップリーグの試合をするのは初めてでしたが、ご尽力いただいた熊本県協会や関係者の皆様に御礼申し上げます。前半は準備したことを出せましたし、王者サントリーを倒しに行こうとするメンタリティーを選手は見せてくれたと思います。ただラインアウトなど自分たちのミスでチャンスを潰してしまい、後半は課題であった規律も乱れてペナルティが増えてしまいました。もっと良くできた事にフォーカスして、次の神戸戦もしっかり努力して今回以上のベストを尽くした準備をして臨んでいきたいと思います」

 

樫本キャプテンコメント

「本日はありがとうございました。サントリーさんのアタックのテンポを何とかして自分たちのディフェンスで殺していこうと考えていました。ディフェンスが多くなるのは分かっていましたし、そこは良い準備をして臨めました。前半はやりたいことが出せましたが、後半の入りで獲り切れなかったのが響きました。あそこで取っていればもっと締まった試合にできたと思いますが、サントリーさんの我慢の方が上でした。点差は開きましたが得るものもありましたので、次の神戸戦に向けて準備していきたいと思います」

 

 

 

試合の写真はフォトギャラリーをご覧ください
↓ ↓ ↓
http://blog2.kintetsu.co.jp/photo_gallery/2017/12/2017-2018-e9e2.html

(写真:加守 理祐)

2017年11月30日 (木)

【ご案内】トップリーグ第10節 サントリーサンゴリアス戦について

トップリーグ2017-2018 第10節が3日後に迫りました!皆さまのご来場をお待ちしています!

 

【試合案内】

■名  称   ジャパンラグビートップリーグ2017-2018 第10節

■日  時   2017年12月3日(日) 11:30キックオフ

■場  所   えがお健康スタジアム(熊本)

■対戦相手   サントリーサンゴリアス

■グリーティングタイム   「パターン②(1)」
※グリーティングタイムの詳細については、こちら 

※当試合の後に、コカ・コーラvsトヨタ自動車の試合があります(14:00KO)

 

【ライナーズ受付案内】

■受付時間   10:00~12:10(ライナーズ試合の前半終了まで)

  • 上記時間帯で入場券引換え・サポーターズクラブ新規入会受付を実施いたします。
  • キックオフ直前の時間帯は混雑が予想されますので、お早めにお済ませいただくことをお勧めいたします。

■グッズ販売  な し

■ライナーズ関連イベント  な し

ナイジェル・アーウォン選手のインタビュー記事が掲載されています

東大阪の総合情報サイト「週刊ひがしおおさか」で、WTBナイジェル・アーウォン選手のインタビュー記事が掲載されています。

 

記事はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

http://www.w-higa.com/38511

 

■週刊ひがしおおさか( http://www.w-higa.com/ )

「特定非営利活動法人週刊ひがしおおさか」が運営する地域情報サイト。日々東大阪に関連するニュースや東大阪市に関する特集、ラグビー情報を掲載しています。

2017年11月25日 (土)

トンプソン選手がトークイベントに参加しました

11月24日(金)、大阪・本町のレストラン『MANUKA』で行われたトークイベントに、トンプソンルーク選手が出演しました。

『MANUKA』はニュージーランド産のグラスフェッドビーフやワインが楽しめるレストランです。この度、ニュージーランド出身のトンプソン選手が招かれ、ラグビーマガジン編集長の田村一博さんの司会でトークライブが行われました。

トンプソン選手が関西弁とユーモアを交えて話すトークライブは和やかな雰囲気で進みました。

日本代表について話が及ぶと、「スピードは昔からあったけど、僕が日本に来た頃と比べるとフィジカル、コンタクトが本当に強くなった。先週はトンガに良い勝ち方をしたし、今後も期待できます」と話しました。「これまでのラグビー人生で印象に残っている試合は?」との質問に対しては、「2015年ワールドカップの南アフリカ戦はもちろん強く印象に残っています。あとは、初めてワールドカップの試合に出場した2007年大会のフィジー戦、近鉄では雨の中で試合終了間際に大逆転した2010-2011シーズンの神戸製鋼戦が印象に残っています」と話しました。

また、国歌について話が及び、「『君が代』は全部唄えますし、意味も勉強しました。国の代表チームの選手として、国歌を唄うことは大事なことだと思っています。相手を尊敬するという意味でも」と話した際には、参加者の皆さんも感嘆した様子でした。

トークショーが終わった後は懇親会、そしてプレゼント賞品をかけたジャンケン大会が行われ、大いに盛り上がりました!

参加いただいた皆様、有難うございました!これからもトンプソン選手そして近鉄ライナーズを宜しくお願いします!

 

 

Img_8010

Img_8020_2

トークイベントの様子(左からローラン通訳、トンプソン選手、田村一博さん)

 

Img_8023

参加者からの質問に答えるトンプソン選手

 

Img_8027

参加者と握手して回るトンプソン選手

 

Img_8031

参加者全員で集合写真

 

Img_8035

Img_8036

最後はサイン色紙が当たるジャンケン大会。
当選された方、おめでとうございます!

2017年11月21日 (火)

ラグビー普及活動を行いました

11月21日(火)東大阪市内にある、学校法人恵徳学園 恵徳幼稚園でラグビー普及活動を行いました。

Img_7982_2

 
近鉄ライナーズから樫本選手、森選手、永下選手、金選手、高島選手、吉井選手の6名の選手が参加し園の子供達とラグビーボールを使った体験、ゲームなどを行いました。
 
天気も良く、子供達も元気がいっぱいで初めて触るラグビーボールにみんな興味津々です。
 
ボールの扱いにもすぐに慣れ、選手も一緒にたくさんの笑顔が溢れる楽しい時間を過ごすことができました。
 
12月から再開されるトップリーグに向けてパワーをもらうことができました!
 
恵徳幼稚園の皆様本日はどうもありがとうございました!
 

Img_7990

 

Img_7992

 

Img_7995

 

Img_8001

 

2017年11月20日 (月)

【告知】トンプソン選手&豊田選手がトークライブに出演します

12月17日(日)17時30分から、「ノーサイドクラブ(東京都豊島区)」にて行われるトークライブにトンプソンルーク選手、豊田大樹選手が出演します。熊谷での東芝戦の後に2選手が会場まで駆けつけます。

申込受付は、11月23日(木・祝)12時からスタートします。

イベントの詳細・申し込み等については、こちら