美術館概要-建物・文華苑-

HOME > 文華館の四季 > 花だより > 2019年2月

« 2019年1月 | メイン

2019年2月

「新年を祝う」展最終日。

2019年2月17日 (日)

217_4

Dsc_0840

年明けから開催してきた特別企画展「新年を祝う-吉祥の美術-」は今日が最終日。本館前のtulip梅「道知辺(みちしるべ)」もようやく見ごろに近づいてきました明日から21日(木)までは、展示替えのため休館し、22日(金)からは特別企画展「富岡鉄斎-文人として生きる-」を開催します。この間に梅の開花も更に進んでくれることを期待しています。

見ごろ手前。

2019年2月16日 (土)

216_5

216_2

216_1

このところの寒さのせいか、苑内の梅もやや開花が足踏み気味でしたが、見ごろに少しずつ近づいているようです。明日で現在の「新年を祝う-吉祥の美術-」展は終了し、展示替えの休館を経て、次は22日(金)から、特別企画展「富岡鉄斎」を開催致します。

白梅も咲き始め。

2019年2月11日 (月)

211_5

211_3

211_2

苑内では、tulip「月の桂」など白い梅も少しづつ咲き始めています。今日は月曜日ですが「建国記念の日」のため開館致します。現在開催中の「新年を祝う-吉祥の美術-」も今度の日曜日までです。連休最終日は、おめでたいモチーフの美術と春の雰囲気に囲まれながら過ごすのは如何でしょうか?

梅は五分咲き♪

2019年2月 3日 (日)

23_5

23_2

23_3

23_3_2

苑内のtulip梅は、五分咲きくらいにまでなってきました。早咲きの梅に関しては、もうほぼ見頃となっています。これから枝垂れの梅などが開花すれば、苑内も更に華やかな雰囲気に包まれそうです。なお、明後日5日(火)は「うめの無料招待デー」です。年明けから開催している特別企画展「新年を祝う-吉祥の美術-」の展示と梅の香り漂うお庭を無料でご覧いただけます。早春の雰囲気を味わいにぜひお越しください!