お知らせ・トピックス情報

お知らせ・トピックス一覧

お知らせ・トピックス情報

  • ☆☆ お知らせ ☆☆

    Newご来館のお客様へ 感染予防対策のお知らせ

    2020.08.31

     志摩マリンランドでは、引き続き以下の対策に努めてまいりますので、ご理解とご協力をお願い致します。

    【お客様へのお願い】
    • ご入館の際、改札にて職員がお客様の体温測定(非接触体温計を使用)を実施させていただきます。なお、体温測定の結果、37.5度以上の方の入館をご遠慮いただきます。
      ※発熱・咳などの症状がある方は、決して無理せず、症状が治まるまでご来館をお控えください。
    • 館内では必ずマスク着用をお願いします。(6才以上が対象となります)
      ※マスクを着用されていないお客様は、ご来館をお断りします。
      ※屋外では、お客様同士が十分な距離(少なくとも2m以上)を確保できる場合は、適宜マスクを外すなど熱中症対策をおとりください。
    • 咳やくしゃみをされる際には、飛沫防止の為、マスクの着用やハンカチ等で口や鼻を押さえるなどの「咳エチケット」にご協力願います。
    • 水族館、売店、レストランの各所に、手指消毒用のアルコールを設置しております。こまめな消毒や手洗いなどのご協力をお願いします。
    • ご観覧の際には、他のお客様と約1m以上離れてご観覧ください。

    【感染防止対策】
    • 従業員にはマスクを着用させていただくほか、従業員の健康管理を徹底するため、出勤時には検温を実施しております。また、発熱や咳などの症状がある従業員は、出勤させないようにしております。
    • ドアノブ、手すりなどの館内設備の消毒を定期的に実施します。
    • 営業中は、館内の扉の一部を開放し、換気を強化しております。また、レストランにおいても、扉を開放し換気を強化するとともに、テーブルの間隔も空けております。
      ※混雑時には、お待ちいただく場合がございますので、ご了承ください。
    • 各トイレのエアタオルは使用中止と致します。
    • 売店などのレジ付近には飛沫防止用のシートを設置しております。
    • チケットブース、売店等における金銭の受け渡し時には、トレーを使用させていただきます。
    • ベビーカーの貸し出しは当面の間、中止させていただきます。
    • ペンギンタッチ、裏方探検等の体験イベントは、当面の間、中止させていただきます。
    • 館内の混雑状況によって、入館を制限させていただく場合がございます。

     お客様にはご不便をおかけしますが、何卒ご理解とご協力をお願いいたします。
  • ☆☆ お知らせ ☆☆

    日本にもいます「インドアカタチ」展示開始

    2020.08.09

    P8090384 P8090388
     本日から、飼育員のイチオシ水槽で「インドアカタチ」の展示を始めました。
     インドアカタチを含むアカタチ属の魚は、細長く側扁したリボン状の姿をしており、背びれと臀びれはともに尾びれと連続します。砂泥底に穴を掘ってその穴から伸びるように立ち泳ぎをしながらエサを食べる習性があります。
     赤い体、背びれの斑紋、体をくねらせながら泳ぐ姿など、非常に美しい魚です。

    インドアカタチ
    学 名Acanthocepola indica
    分 類スズキ目 アカタチ科
    分 布島根県隠岐、相模湾~土佐湾の太平洋沿岸、東シナ海大陸棚、中国南シナ海沿岸、チェンナイ
    展示開始2020年8月9日~
    展示場所飼育員のイチオシ水槽
    特 徴 水深15~300mと幅広い水深帯の砂泥域に生息する。生時、体側には多数の橙黄色横帯があり、背びれ前部には白く縁どられた黒色斑がある。
    イッテンアカタチに似るが、体高さがやや高いことや、背びれ軟条数が少ないことなどで区別可能。
  • ☆☆ トピックス ☆☆

    その姿はまるで枯葉「ナンヨウツバメウオの幼魚」展示開始【※展示場所が変わりました】

    2020.08.05

    P8040115 【現在は特別展水槽で展示しています】
     本日から、飼育員のイチオシ水槽で「ナンヨウツバメウオの幼魚」の展示を始めました。
     ナンヨウツバメウオは全長45cmに達するマンジュウダイ科の魚で、成魚と幼魚で形や色が異なります。
     幼魚は背びれと臀びれが細長く、体は橙色で斑点があります。成長すると、橙色の体は灰褐色になり、背びれと臀びれは円くなります。
     幼魚のこの姿は、枯葉に擬態していると考えられています。
    ナンヨウツバメウオ
    学 名Platax orbicularis
    分 類スズキ目 マンジュウダイ科
    分 布岩手県以南の太平洋沿岸、琉球列島、ハワイ諸島を除くインド・太平洋
    展示開始2020年8月4日~
    展示場所飼育員のイチオシ水槽
    特 徴幼魚は南日本では珍しくなく、海面を漂う姿は陸上から流出する枯葉と非常に似ており、混じるとなかなか見分けがつきません。
    一目ですぐに見破る方も中にはおられます。幼魚は汽水域に入り込むこともありますが、成魚は礁斜面の中層に生息します。
    この姿から幼魚は観賞用としても人気があるようです。
  • ☆☆ トピックス ☆☆

    New歩くメロンパン!?「ケヅメリクガメの赤ちゃん」展示開始

    2020.07.13

    P7130078
    P7130085
    P7130081
     本日から、玄関ホールの特設水槽で「ケヅメリクガメの赤ちゃん」の展示を始めました。
     現在、甲長10cmに満たない可愛らしい子ガメたちを7匹展示しています。
     是非、今だからこその小さなケヅメリクガメの姿や動きをご覧ください。

    展示のケヅメリクガメ
    学名Geochelone sulcata
    分類カメ目 リクガメ科
    分布アフリカ中央部(モーリタニア~エチオピアのサハラ砂漠周辺)
    展示開始2020年7月13日~
    展示場所玄関ホール特設水槽
    父親ソラ(2012年4月26日、越前松島水族館より入館。甲長約60㎝、体重約37kg)
    母親セイラ(2005年9月8日、角川ヘラルド映画館㈱より入館。甲長約56cm、体重約31kg)
    孵化日2020年3月8日~3月18日
    展示数7匹
    大きさ甲長7.5~9.1cm、体重112.6g~184.9g(2020年7月上旬測定)。成長すると甲長70~80cmに達する。
    展示水槽120×60×60cm。飼育温度28~30℃
    小松菜、カボチャ、タンポポ、クズなど
  • ☆☆ お知らせ ☆☆

    臨時休館に伴う年間パスポートの有効期限延長について

    2020.06.04

    年間パスポートをお持ちの方は、以下のような対応をさせていただきます。

    2020年3月2日(月)~6月4日(木)の臨時休館中に有効期限をむかえた方は
     有効期限を一律2020年8月31日(月)までとさせていただきます。

    2020年6月5日(金)以降に有効期限をむかえる方は
     有効期限を3カ月延長させていただきます。
     (例)有効期限2020年6月15日 ⇒ 2020年9月15日

    ※なお、当面の間、年間パスポートの販売を中止させていただきます。
    何卒ご理解とご協力をお願い致します。

    この件に関するお問い合わせは
    志摩マリンランド
    0599-43-1225 まで
  • ☆☆ トピックス ☆☆

    白いナマコの展示を始めました。

    2020.02.03

    ※イチオシ水槽での展示は終了しましたが、特別展水槽で引き続き展示しております。
    P2030150  本日から、飼育員のイチオシ水槽で「白いナマコ」の展示を始めました。
     このナマコはマナマコではないかと思われます。通常マナマコは青緑色や黒色などをしているのですが、稀にこのように白い個体が見つかることがあります。
     白色の理由としては、突然変異によって色素が欠乏したのではないかと考えられていますが、ハッキリとしたことは分かっていません。  あまり見られない生き物ですので、是非この機会にご覧ください。
    マナマコ属の一種(白色)
    学 名Apostichopus cf. armata
    分 類楯手目 シカクナマコ科
    展示開始2020年2月3日~(特別展会場では以前から展示していました)
    展示場所飼育員のイチオシ水槽
  • ☆☆ トピックス ☆☆

    特徴的な顔をした北の魚「オオカミウオ」展示開始

    2019.12.21

    Pc130017
     12月13日(金)から、特徴的な顔をした「オオカミウオ」を展示しました。
     オオカミウオは三重県沿岸では見られない魚で、日本でも東北や北海道など寒い地域の海に生息しています。
     大きくて丸い頭と、しわのある体、貝類などを噛み砕く強大な歯など、インパクトのある姿をしています。一度見たら、印象に強く残るのではないでしょうか。和名もこの鋭い歯を持つ顔つきからといわれています。ちなみに英名も「Bering wolffish」です(wolf=オオカミ)。
     当館にやってきたのは、やや小型で、これからの成長が楽しみな個体です。是非ご覧ください。
    オオカミウオ
    学 名Anarhichas orientalis
    英 名Bering wolffish
    分 類スズキ目 オオカミウオ科
    分 布北海道沿岸、青森県~新潟県の日本海沿岸、青森県~茨城県の太平洋沿岸、日本海北部、オホーツク海~アラスカ湾、北極海
    大きさ全長1.1mに達する。
    特 徴水深100mまでの岩礁域に生息。体には多数のしわがある。腹鰭はなく、尾鰭は小さい。肉食性で、タコ類、貝類、ウニ類などを好む。当館の飼育下では、イカ類を積極的に食べている。
  • ☆☆ トピックス ☆☆

    木彫りの海女さんを設置しました

    2019.09.28

    P9280307  館内に、志摩市在住の山川芳洋様が制作された木彫りの海女さんを設置しました。
     是非、ご覧ください。
  • ☆☆ トピックス ☆☆

    餌やり水槽を新設しました。

    2019.07.27

    P7111346_1280x960  7月11日(木)、新しく餌やり水槽を設置しました。
     身近にエサやりができる水槽を入ってすぐ、ペンギン池前にあります。
     餌はガチャガチャで、1カプセル100円で販売しています。水槽の中にはメジナやブリの幼魚などが泳いでおり、カプセルの中に入っている配合飼料を水槽に投げると、すぐに集まってくると思いますよ♪
     1日の販売数には限りがありますので、ご注意ください。
     また、ペンギン水槽や干潟には入れないでくださいね。私たちからのお願いです。

     詳細はこちら→『餌やり体験水槽』を設置しました(PDF:351KB)
  • ☆☆ トピックス ☆☆

    「ベラの仲間たち」を新しく展示しました。

    2019.04.23


    ■(動画 約60秒)
     本日から、サンゴ礁の海コーナーで、新しく「ベラの仲間たち」の展示を始めました。
     ベラの仲間たちは、世界中の暖かい海を中心に500種以上が知られています。 ベラの仲間の多くはメスからオスに性転換する特徴があり、同じ種類のベラであっても、幼魚、メス、オスでも色や模様が大きく異なります。
     サンゴの周りを可愛らしく泳ぎ回るカラフルなベラたち、是非ごらんください!

PAGETOP

志摩マリンランド

〒517-0502 三重県志摩市阿児町神明723-1(賢島)

TEL 0599-43-1225 FAX 0599-43-1224

営業時間〈年中無休〉9:00~17:00(季節により異なります)

  • 志摩スペイン村
  • 生駒山上遊園地
  • 信貴生駒スカイライン
  • 海遊館
  • 近鉄グループホールディングス
  • 近畿日本鉄道
Copyright © Shima Marineland. All Rights Reserved.