2016年9月28日 (水)

【ご案内】10/1 トップリーグ2016-2017第5節 クボタスピアーズ戦について

トップリーグ2016-2017 第5節が3日後に迫りました!皆さまのご来場をお待ちしています!

 

【試合案内】

■名  称   ジャパンラグビートップリーグ2016-2017 第4節

■日  時   2016年10月1日(土) 11:30キックオフ

■場  所   秩父宮ラグビー場(東京)

■対戦相手   クボタスピアーズ

 

 

【ライナーズ受付案内】

■受付時間   10:00~12:10(ライナーズ試合の前半終了まで)

  • 上記時間帯で入場券引換え・サポーターズクラブ新規入会受付を実施いたします。
  • キックオフ直前の時間帯は混雑が予想されますので、お早めにお済ませいただくことをお勧めいたします。

■グッズ販売  な し

■実施イベント  な し

2016年9月27日 (火)

【マッチサマリー】練習試合 Honda HEAT戦

9月23日(金) 16:00 キックオフ

近鉄ライナーズ 対 Honda HEAT 戦が

東大阪市花園ラグビー場で行われました。

ウォームアップの様子

Imgp6493

Imgp6491

トップリーグが一週間空くこの週、シーズン開幕前の神戸製鋼戦以来の練習試合となりました。

リーグ戦での出場機会が少なかった選手にとっては待ちに待った試合。

自らをアピールする絶好のチャンスです。

気合い十分のウォーミングアップからも選手一人一人のこの試合に懸ける想いが伝わってきます。

Imgp6500

午前中からのすっきりとしない天候から打って変わって太陽が出てきた花園ラグビー場第二グラウンド、近鉄ライナーズ10番野口選手のキックオフで試合が開始されました。

【前半】

6分

近鉄敵陣ゴール前5m地点、ホンダオフサイドの反則。近鉄この日序盤から優位に組めていたスクラムを選択。チームとして今季こだわってきたスクラムで勝負を仕掛けます。

9番福地選手のボールインと同時に猛プッシュ!スクラムをコントロールしホンダディフェンスの届きにくい左方向へ展開、10番野口選手から13番井波選手へ飛ばしパス。受けた井波選手が緩急をつけたランニングでホンダディフェンスをかわしそのままトライ!!

野口選手のゴールキックは外れ 5-0

自分達の強い部分で勝負し先制トライ。

「MOVE FIRST」を体現し順調な立ち上がりの近鉄でしたがここから流れは少しホンダに傾きます。

相手の深いキックオフから陣地をあまり挽回できなかった近鉄、ホンダの連続攻撃から一度はボールを奪い返すものの、そこからノットリリースザボールの反則を侵してしまいます。

10分

近鉄自陣ゴール前5mホンダボールラインアウト、ドライビングモールを組まれそのまま押し込まれトライを許してしまいます。

ゴール決まり 5-7

その後もホンダはキックを多用し近鉄陣地に入り込んできます。

22分

近鉄自陣22mライン、ホンダボールラインアウト、真ん中で一つポイントを作りそこから執拗なフォワードのサイド攻撃。近鉄も何度も何度も低いタックルで相手のアタックを食い止めます。

フェーズを重ねること17回、最後は近鉄オフサイドの反則。そこからの速攻でトライを許します。

ゴール決まり 5-14

粘りのあるディフェンスを見せていただけに、痛い失点となりました。

その後はお互い一進一退の攻防、近鉄も敵陣深く攻め込む場面も見えますが後一歩のところでトライを取ることができません。

スコアそのまま時間だけが経過します。

~前半終了~

スクラムのみならず、フィールドプレーでも高い能力を魅せた浅岡選手

Imgp6511

キレのあるステップで何度もゲイン、隅中選手

Imgp6520

近鉄のスタンダードをしっかりと示したスクラム

Imgp6528

器用さも兼ね備えた河嶋選手のアタック

Imgp6523

一瞬の加速で相手を抜き去る矢次選手

Imgp6534

【後半】

後半最初にチャンスを迎えたのは近鉄でした。

13番井波選手の力強いアタックから敵陣に攻め込んだ近鉄。その後もテンポの良いアタックでボールを細かく繋ぎトライまであと5mのところ。ボールを継続し果敢に攻めますが、中々ホンダディフェンスを破る事ができません。

最後は持ち込んだボールを倒れても離すことができず、ノットリリースザボールの反則。

この場面もスコアすることができませんでした。

22分

ホンダ18番の選手がイエローカードにより10分間の一時退場になります。

25分

近鉄敵陣ゴール前5mマイボールラインアウト、モールからすぐに19番辻選手が仕掛けます。その後3番尾池選手、8番堀選手、16番田中(健)選手らが連続してサイド攻撃、じわりじわりとゲインしゴールライン目前。最後は21番森選手が飛び込みトライ!!

三原選手のゴール決まり 12-14

人数で優位に立つ近鉄、点差を縮めます。

31分

後半、反則が増えたホンダ、ペナルティキックからゴール前5m近鉄マイボールラインアウト。フィジカル勝負!近鉄は先ほどと同じくシンプルにフォワードのサイド攻撃で攻めます。順目順目へと17番田邉選手、6番萩原選手、19番辻選手と強い選手にボールを集めます。ゲーム終盤ですが、サポートもしっかりと付きボールを継続。最後は8番堀選手がゴールポスト根元に技ありのトライ!!近鉄逆転!

三原選手のゴール決まり 19-14

このまま近鉄の勝利で試合が終わるかと思われたラスト5分の場面

35分

近鉄自陣10mライン付近ホンダボールラインアウト、巧みなサインプレーでバックスのディフェンスラインを突破され左隅にトライを許します。

ゴール外れ 19-19

~試合終了~

近鉄ライナーズ 19-19 Honda HEAT

一時は逆転したものの、残り少ない時間帯で同点に追いつかれ、惜しくも勝利を逃しました。

しかし、何度も何度も低いタックルで相手のアタックを食い止めたディフェンス面や終始圧倒のスクラムの部分でライナーズの高いスタンダードを示しチームの底上げがよく見えた試合となりました。

長いリーグ戦で勝ち続けるために、チームの底上げは絶対に必要な条件となります。

本日活躍を魅せた選手がトップリーグで大暴れする日も近いでしょう!

多彩なキックでスタンドオフと、フルバック両方で活躍野口選手

Imgp6541

終始身体を張り続けチームを引っ張る存在の大隈選手

Imgp6548

魅力であるパワフルなアタックを存分に発揮、井波選手

Imgp6558

ラインアウトの様子

Imgp6570

スクラムでもアタックでも常に低く強いプレー、田邉選手

Imgp6577

平日の試合にもかかわらず沢山のファンの皆様の応援ありがとうございました!

次回試合はトップリーグ第6節、東京 秩父宮ラグビー場でクボタスピアーズとの試合になります!

引き続き近鉄ライナーズへの熱い御声援どうぞよろしくお願い致します!!

Imgp6580

イベント「東大阪の夕べ」のお知らせ

10月8日(土)に、花園中央公園噴水広場(東大阪市花園ラグビー場前)において、観る、食べる、聴くをテーマにしたイベント「東大阪の夕べ」(主催:東大阪市)が開催されます。

関西の有名店が作るグルメが集まるだけでなく、声優や芸人によるステージイベントや参加者体験イベントも実施されます。

当日は、11時45分キックオフのライナーズの試合(トヨタ自動車戦)、そしてこのイベントをお楽しみに、是非花園ラグビー場までお越しください! 

「東大阪の夕べ」の詳細については、こちら

2016年9月26日 (月)

ライナーズの選手がトップリーグ花園開幕戦のPR活動を実施しました

9月23日(金)に近鉄ライナーズの選手が東花園駅、近鉄日本橋駅、大阪難波駅で、10月8日に行われるトップリーグ花園開幕戦のPR活動を実施しました。

【トップリーグ花園開幕戦】

名   称   ジャパンラグビートップリーグ2016-2017 第6節

日   時   2016年10月8日 11:45 KO

会   場   東大阪市花園ラグビー場(大阪)

対戦相手   トヨタ自動車ヴェルブリッツ

近鉄ライナーズでは上記試合を500円で観戦できる特別優待リーフレットを作成し、近鉄主要駅などに設置しています。

※リーフレットに関する詳しい情報はこちら

Ls001

このリーフレットをライナーズの選手達が、東花園駅、近鉄日本橋駅、大阪難波駅の3箇所に分かれて家路につくお客様に声を掛けながらリーフレットを手渡しました。

東花園駅では、ストーバーク選手、レプハ選手が

P1010093

近鉄日本橋駅では、佐藤選手、重光選手、吉川選手、松岡選手が

2_2

Photo

大阪難波駅では才田選手、宮田選手、豊田選手、樫本選手、王選手が配布しました。

Photo_2

Photo_3

多くのファンの皆様のご来場をお待ちしております!!

2016年9月23日 (金)

新加入のクリス・フェアウアイ サウティア選手の紹介記事が掲載されています

㈱KADOKAWAの総合情報サイト「Walkerplus」の地域トピックスコーナーで、ライナーズの新人選手の紹介記事が掲載されています。

第6回目はクリス・フェアウアイ サウティア選手です。

 

記事はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

http://area.walkerplus.com/walker47/article/detail/ar0727227/le2420/20160923/2_201609231302561457

■Walkerplus( http://www.walkerplus.com/ )

㈱KADOKAWAのWalkerシリーズのWEBサイト。総合情報サイトとして、おでかけ情報、グルメ情報、芸能情報などを発信しています

2016年9月22日 (木)

【ご案内】オープン戦 Honda HEAT戦について

明日は花園ラグビー場でHonda HEATとの練習試合が行われます!

皆さまのご来場をお待ちしています!

 

【試合案内】

■日  時   2016年9月23日(金) 16:00キックオフ

■場  所   東大阪市花園ラグビー場 第2グラウンド

■対戦相手   Honda HEAT

試合会場案内図は、こちら

※試合観戦につきましては、下記の事項をよくお読みいただいて、ご協力の程宜しくお願い致します。

・当該チーム以外の撮影は固くお断り致します。

・入場は無料です。

・駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。

・試合会場を含め、花園ラグビー場内すべてのグラウンド(芝生エリア)への立ち入りは禁止でございます。

・喫煙コーナーはございません。

・お帰りの際、ゴミは必ずお持ち帰りください。

2016年9月21日 (水)

東花園駅構内に特大ステッカーが装飾されました

9月21日(水)午後から、東大阪市花園ラグビー場の最寄り駅である近鉄・東花園駅におきまして、コンコース内に特大ステッカーが装飾されました!!

下り線 奈良方面行きホームに上がる西側階段壁面

Img_5258

Img_5252

上り線 難波方面行きホームに上がる西側エスカレーター壁面

Img_5241_3

Img_5246_2

いよいよ10月からトップリーグの試合が花園ラグビー場でも開催されます!

本格的なラグビーシーズンの到来をライナーズと共に地元から盛り上げていきましょう!!

2016年9月20日 (火)

【マッチサマリー】ジャパンラグビートップリーグ第4節NTTコミュニケーションズシャイニングアークス戦

9月17日(土) 14:00キックオフ

近鉄ライナーズ 対 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス戦が

ユアテックスタジアム仙台で行われました。

Ibox_0121s

近鉄ライナーズにとって宮城県で初めてのトップリーグの試合となる今節。遠い仙台の地にも観客席にはいつも見慣れた応援旗が。

応援に駆けつけてくれたファンの方々の為にも絶対に負けられない戦い。

対戦相手のNTTコミュニケーションズシャイニングアークスとは昨シーズン、リーグ戦、LIXIL CUPと2度の対戦。近鉄ライナーズの2戦2勝となりましたが、どちらも最後まで勝負の行方がわからない激しい試合展開に。LIXIL CUPではトップリーグ史上初、同点による延長戦が行われました。

今シーズンも激しい戦いになることが予想されます。

近鉄ライナーズは経験豊富なベテランFL佐藤選手、昨シーズンは怪我に泣いたもののルーキー時代、一瞬のスピードから一気にトライまで持っていくなど存在感を見せ付けたCTB矢次選手を先発に起用。若手を起用しつつ要所をベテランで押さえたバランスのとれた布陣で挑みます。

また今節は前節に引き続き、SH金哲元選手のトップリーグ100試合目となるメモリアルゲームとなりました。

Ibox_0150s

Ibox_0166s

節でトップリーグ100試合出場を果たす金哲元選手

Ibox_0154s

近鉄ライナーズのキックオフで試合が開始されます。

【前半】

3分

前半開始早々近鉄テンポの良いアタックを仕掛けます。敵陣22mライン付近NTTコムのホールディングの反則。ペナルティゴールを選択します。

重光選手のゴールが決まり 3-0

先制点の近鉄、対するNTTコムもボールを大きく動かすラグビーで反撃してきますが近鉄の懐の深いディフェンスで相手のアタックを寸断。

13分

近鉄自陣22mライン、NTTコムボールスクラム。近鉄のコラプシングの反則で相手にペナルティゴールのチャンスを与えてしまいます。

小倉選手のペナルティゴールが決まり、3-3

リスタートから近鉄の猛プレッシャー、NTTコムのタッチキックを11番南藤選手がクイックスロー、受けた15番宮田選手からハイパントキック。敵陣22m少し手前の絶妙な位置を狙ったキックは相手のキャッチと同時に11番南藤選手がタックル。すぐに立ち上がり乗り越えてターンオーバー。ボールを奪ったところすぐに4番ストーバーク選手が拾い上げゴール前5mまでボールを運びます。そこから右へ早い球出し、5番松岡選手がトライ目指し突進しますが、そこに待っていたのがNTTコム5番アイザック・ロス選手。松岡選手身体ごと抱えられボールを出すことができません。そこでモールアンプレアブルのホイッスル。トライならず。

近鉄決定的な場面をトライに繋げることができませんでした。

20分

近鉄自陣10mライン、NTTコムボールラインアウトからの攻防、近鉄がオフサイドの反則でNTTコムペナルティゴールを選択。

小倉選手のペナルティゴール決まり 3-6

24分

同じ位置からまたもや近鉄の反則。

小倉選手のペナルティゴールは外れスコア変わらず 3-6

試合序盤から少し反則が目立つ近鉄、得意のセットプレーも安定せず中々攻撃のリズムを作り出すことができません。そんな中での

32分

13番矢次選手のハイタックルの反則。危険なプレーとみなされイエローカード10分間の退場。

前半の残り時間14人での戦いを余儀なくされた近鉄。NTTコムもこのスキを逃しません。

34分

近鉄自陣ゴール前10m地点、NTTコムボールラインアウトからの攻撃。相手フォワードのサイドアタックに対して一人少ない近鉄は懸命のディフェンスを見せますが、バックスにボールを出されたところ、NTTコム12番石橋選手にディフェンスの間をするりと抜けられトライを許してしまいます。

小倉選手のゴール決まり 3-13

悪い流れを断ち切れません。

42分

近鉄敵陣10mライン付近NTTコムノックオンオフサイドの反則。近鉄ペナルティゴールを選択しますが、重光選手のゴールは外れ 3-13

~前半終了~

前半の反則数NTTコム4に対し近鉄が7、反則の数とセットプレー特にスクラムを修正し後半からの巻き返しをはかりたいところです。

前半3分の先制ペナルティゴール、重光選手

Ibox_0181s_2

今季ここまで全試合フル出場の松岡選手(写真中央)

Ibox_0201s

一瞬の加速が魅力の矢次選手

Ibox_0216s

経験豊富な佐藤選手。この日もディフェンスで何度もチームのピンチを救ってくれました。

Ibox_0404s

【後半】

後半の立ち上がり、前半の鬱憤を晴らすかのような近鉄のアタック。ボールを大きく動かし一気に敵陣へ。

近鉄敵陣22mマイボールスクラム。左へ12番ファインガ選手が縦に一つポイントを作ります。順目に4番ストーバーク選手が走りこんできましたがボールをファンブルしてしまいます。そのボールに反応した8番ラトゥイラ選手、できたラックから今度は右へ。ボールを受けた10番重光選手が相手に接近したところから裏のスペースへグラバーキック!転がったボールを2番樫本選手が上手く拾い上げてトライライン目前。

9番金選手からコーナーめがけて走りこんできた4番ストーバーク選手にボールが渡りましたが、惜しくもトライまで届かず。こぼれたボールを相手選手に蹴り出されてしまいます。

この日二度目の決定的な場面でのミス。攻め込んではいるものの中々スコアに結びつかずもどかしい雰囲気。

会場には少し雨も落ちてきました。

14分

近鉄アタックのミスからターンオーバー。NTTコムが狭い左サイドへボールを運びそこからグラウンドを広く使い右側へ大きく展開、NTTコム13番カラウリアヘンリー選手のアタックを下がりながらのディフェンスで受けてしまった近鉄。内側にサポートについていたNTTコム2番須藤選手にオフロードパスを繋がれトライを奪われてしまいます。

小倉選手のゴールキックは外れ 3-18

もうこれ以上点差を広げられてはいけない近鉄。16分に20番タウファ選手、21分に18番才田選手、23番吉川選手、26分に17番田邉選手、16番永下選手、22番三原選手を投入。試合の流れを変えたい場面。

その後も一進一退の攻防。雨の影響もあってかお互いにハンドリングエラーが目立ち得点動かず時間だけが刻々と過ぎていきます。

79分

近鉄敵陣ゴール前5mマイボールスクラム。残り時間僅か何とか1トライを返したい近鉄。6番佐藤選手、20番タウファ選手、18番才田選手のサイドアタックから右へ22番三原選手→10番重光選手とパスが繋がりますが、ここも相手ディフェンスに阻まれます。

最後はラックからこぼれ出たボールをNTTコムに蹴り出されノーサイド。

~試合終了~

近鉄ライナーズ 3-18 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス

近鉄後半の反則数2、スクラムも修正され相手を押し込んでターンオーバーする場面も見られましたが、チャンスを生かしきれず本来の力を出し切れないまま悔しい結果となりました。

この結果をしっかりと受け止めて、もう一度自分達を見つめ直し次節に向けて妥協することなく準備を進めていきます。

後半はしっかりと修正が出来たスクラム。

Ibox_0482s

熱いプレーでチームを鼓舞!天満選手

Ibox_0602s

司令塔として成長を見せる三原選手

Ibox_0635s

トップリーグ100試合出場達成の金選手

Ibox_0342s

グリーティングタイムの様子

Ibox_0708s

Ibox_0704s

トップリーグ100試合出場を果たした金哲元選手コメント

Ibox_0660s

「ゲームには負けてしまいましたが、100試合出場達成できたことは個人的にはとても嬉しく思っています。ラグビーをずっと続けてきて、これまで大きな怪我もなくここまでやってこれたので、丈夫な身体に産んでくれた親に感謝しています。またここまで支えてくれた家族、チーム関係者、先輩、後輩、全ての人に感謝したいと思います。ありがとうございました」

Ibox_0669s

【監督記者会見コメント】

「はじめに弊部にとって初めての宮城県でのトップリーグの試合ということで、このような素晴らしい環境で試合が出来た事を、宮城県協会はじめ関係者皆様に感謝申し上げます。また先週に引き続き、金哲元選手がトップリーグ100試合達成という偉大な記録を打ち立てました。心より祝福したいと思います。

昨年のTOP4のチームにも引けをとらないチーム力とタフさを兼ね備えたNTTコミュニケーションズさんの強みを最後まで中々消すことができず、このような結果になりました。これからまだまだ試合は続きますのでしっかりと準備して次の試合に臨んでいきます。」

Ibox_0681s

【豊田キャプテンコメント】

「今回の試合はあまり良いところがなかったというのが率直な意見です。相手が良くて、近鉄が悪かった、それがスコアに出た形になりました。金さんの100試合出場を勝利で祝うことができなったのは残念です。トップリーグは一週間あきますので、もう一度立て直して次の試合に挑みたいです。」

トップリーグは1週間空きまして、次戦は9月23日(金)16:00より東大阪市花園ラグビー場第2グラウンドでHonda HEATとの練習試合になります!

引き続き近鉄ライナーズへの御声援よろしくお願い致します!

(写真:石坪 隼)

2016年9月14日 (水)

【ご案内】9/17 トップリーグ2016-2017第4節 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス戦について

トップリーグ2016-2017 第4節が3日後に迫りました!皆さまのご来場をお待ちしています!

 

【試合案内】

■名  称   ジャパンラグビートップリーグ2016-2017 第4節

■日  時   2016年9月17日(土) 14:00キックオフ

■場  所   ユアテックスタジアム仙台(宮城)

■対戦相手   NTTコミュニケーションズシャイニングアークス

 

 

【ライナーズ受付案内】

■受付時間   12:30~14:40(ライナーズ試合の前半終了まで)

  • 上記時間帯で入場券引換え・サポーターズクラブ新規入会受付を実施いたします。
  • キックオフ直前の時間帯は混雑が予想されますので、お早めにお済ませいただくことをお勧めいたします。

■グッズ販売  な し

■実施イベント  な し

2016年9月13日 (火)

【マッチサマリー】ジャパンラグビートップリーグ第3節パナソニックワイルドナイツ戦

9月10日(土) 19:00キックオフ

近鉄ライナーズ  対  パナソニックワイルドナイツ戦が

万博記念競技場で行われました。

2k8a0585w

秋を感じさせるすこやかな風の吹く中、会場には8343名の観衆が訪れました。

2k8a0649w

「王者パナソニックワイルドナイツ」

昨シーズン前半20対13とリードして折り返したものの、後半に一挙4トライを奪われ終わってみれば27対47。実力の差を見せ付けられた相手。

試合に登録された23名のメンバーの内、日本代表キャップ保持者が11名も入る間違いなく日本のトップチームです。

その相手に対し、近鉄ライナーズはセットプレーで有利に立てるよう、マイケル・ストーバーク選手を4番で先発起用。トンプソンルーク選手をFL6番に配置、5番松岡選手も含めフォワードに190cmオーバーの選手を3人揃えたメンバー編成。

ライナーズ屈指のハードタックラー辻選手も今季初スタメンです。

春からチーム一丸となって積み上げてきたものと、この試合の為に準備してきたもの全てをぶつけ、近鉄ライナーズ特有の「チーム力」で対抗し、勝利を目指します。

2k8a0608w

2k8a0678w

この試合がトップリーグ通算100試合目となるタウファ統悦選手の入場

2k8a0662w

パナソニックワイルドナイツのキックオフで試合が開始されます。

【前半】

4分 

前半開始早々、王者パナソニックの圧力のある攻撃を受けます。近鉄自陣ゴール前5mパナソニックボールラインアウト。小細工一切なし。左へ6フェイズしつこくフォワードのサイド攻撃を受けじわりじわりとゲインを許し、最後はパナソニック5番三上選手にインゴールへ押さえられます。

べリック・バーンズ選手のゴールキックも決まり 0-7

さすがのパナソニックでしたが、もちろん近鉄もこのまま黙ってはいません。

自陣でのスクラムでしっかり相手を圧倒。パナソニックの反則を誘います。昨年との違いをまずここで相手に印象付けました。

10分

近鉄敵陣10mライン真ん中、パナソニックオフサイドの反則。近鉄ペナルティゴールを選択します。

重光選手のペナルティゴール成功 3-7

13分

パナソニック10番バーンズ選手のドロップアウト、近鉄15番宮田選手がキャッチしそこからハイパントキック。チェイスをかける近鉄、しっかりと横一列で面をつくり12番ファインガ選手が得意の鋭いタックル。相手が倒れたところ、この日テイラー選手が負傷のため急遽スタメン出場となった13番吉川選手が素早くボールに絡みパナソニックがノットリリースザボールの反則。13番吉川選手、しっかりと自分の役割を遂行します。

近鉄ペナルティゴールを選択。

重光選手のペナルティゴール成功 6-7

そこから約10分間の攻防、キックの応酬で少し後手にまわる近鉄、陣地の取り合いでパナソニックに有利に試合を進められます。

24分

近鉄陣地に攻め込まれた場面、パナソニックは10番バーンズ選手、13番ナイヤラボロ選手、5番三上選手など強いプレーヤーにシンプルにボールを集めてきます。近鉄も懸命にタックルに入りますが、少しずつゲインを重ねられ最後は近鉄ゴール前ラックからパナソニック9番田中選手が持ち出し、後ろから走りこんできた8番トゥポ選手にボールが渡りトライを許します。

バーンズ選手のゴールキックも決まり 6-14

その後、29分、33分とパナソニックにペナルティゴールを決められ 6-20

42分

近鉄13番吉川選手の好タックルから、パナソニックがノットリリースザボールの反則。ペナルティゴールを選択しますが、惜しくも外れスコアそのまま  6-20

~前半終了~

前半敵陣攻め込んでの反則やキック処理のミスで相手にボールを渡してしまう場面が多く中々敵陣で試合をさせてもらえなかった近鉄。ハーフタイムでしっかりと修正し後半での巻き返しをはかりたいです。

独特のランニングで相手ディフェンスの裏にでる重光選手

2k8a0684w

トップリーグ初先発のストーバーク選手、この日も豪快なアタックを見せてくれました。

2k8a0714w

キックチェイスの田中選手

2k8a1019w

パナソニック相手にフィジカル面でも全く引けをとらないキャプテン豊田選手

2k8a1038w

相手を圧倒し続けたスクラム。

2k8a0776w

【後半】

3分

自陣22mライン付近マイボールスクラム、12番吉川選手が縦に一つポイントを作ります。そこから左へ展開。9番金選手→10番重光選手→15番宮田選手とボールが渡ったところへ11番南藤選手が素晴らしいアングルチェンジでパナソニックのディフェンスを切り裂きます!外にフォローについた15番宮田選手にもう一度ボールが渡りますが相手に掴まりポイントができます。そこでパナソニックがオフサイドの反則。8番ラトゥイラ選手がすぐさまタップキックでスタート、4番トンプソン選手にパス、できたラックからもう一度8番ラトゥイラ選手相手ディフェンスをなぎ倒すともう前には誰もいません。そのままトライ!!

後半開始早々、流れるような攻撃で見事なトライ!まだまだ試合はここからだぞといわんばかりの近鉄。

重光選手のゴールも決まり 13-20

1トライ1ゴール差まで詰め寄ります。

10分

近鉄ハーフウェイラインから自陣に5m入ったところでオフサイドの反則。パナソニックがペナルティゴールを選択、ゴールは外れ 13-20

その後スコア動かず一進一退の攻防、近鉄敵陣ゴール前5mまで攻め込む場面もありましたが、パナソニックの厚い壁が立ちはだかり、スコアすることができません。

そんな中での

17分

この日トップリーグ通算100試合出場となる19番タウファ統悦選手が、4番ストーバーク選手に代わりグラウンドに登場。気合十分のタウファ選手。

2k8a1076w

22分

ハーフウェイライン、パナソニックのフリーキック、10番バーンズ選手の高いハイパントを13番ナイヤラボロ選手にキャッチされます。近鉄自陣22mライン、そこからまたもや3番ヴァルアサエリ愛選手、19番ヒーナン選手、2番堀江選手と強いランナーにボールが渡り、ゴール前5mの地点でのラック。最後はパナソニック12番森谷選手に近鉄ディフェンスの間に走り込まれトライ。

バーンズ選手のゴールが決まり 13-27

28分

近鉄自陣22mパナソニックのキックを15番宮田選手がキャッチ、相手に掴まったところから左へ展開。9番金選手→10番重光選手→20番クック選手とパスをつなぎますが、コンタクトの場面でノックオン!そのボールをパナソニック16番坂手選手に拾われ、12番森谷選手→20番ホラニ選手→13番ナイヤラボロ選手へとボールをつながれそのままトライ。

バーンズ選手のゴールは外れ 13-32

42分

13-32、このままでは終われない。近鉄この試合最後の攻撃は38分ハーフウェイライン付近マイボールスクラムからでした。

右へ展開12番ファインガ選手が一つポイントを作りもうひとつ右へ19番タウファ選手、左へ折り返したボールを22番三原選手が細かいステップで抜け出し18番才田選手へボールをつなぎます。今度は右へ19番タウファ選手→4番トンプソン選手→15番宮田選手へパスをまわし、グラウンド右端でポイント。そこからまた左へ、19番タウファ選手がもう一度まっすぐサイドアタック、敵陣22mまでボールを運びます。

できたラックの上を越えるように8番レプハ選手が抜け出し21番森選手の素早い球出し、23番井波選手にボールがわたりますが敵に掴まりラックに、さらに右へ左へと攻撃を繰り返しこの時点で11フェイズのアタック。会場に80分経過のホーンが鳴り響きます。

ここでパナソニック、オフサイドの反則、16番永下選手の早い仕掛けからさらにノット10mバックの反則を誘いゴールラインまであと5mのところ。そこから18番才田選手が突進!トライには届かずラックを形成、そこへ猛スピードで走りこんできたのが19番タウファ選手!スピードに乗ったままパスを受け、そのままゴールポスト中央へトライ!!

この日一番の歓声が会場に響き渡ります!!

近鉄最後の意地のトライを、この試合がトップリーグ通算100試合目となるタウファ統悦選手が決めました!!

三原選手のゴールも決まり 20-32

~試合終了~

近鉄ライナーズ 20-32 パナソニックワイルドナイツ

打倒「TOP4」を掲げ、本気で勝つ準備をし挑んだ試合でしたが僅かに力及ばず悔しい結果となりました。

しかし、セットプレーなど通用する部分もしっかり見えた試合、さらに修正を加えて次節に向けて準備をします。

試合はまだまだ続きます。打倒「TOP4」という目標をぶらすことなく、一つ一つ積み上げてさらに邁進していきます。

鋭いアングルチェンジでディフェンスラインを突き破った南藤選手

2k8a0847w

キック、ランニングでスキルの高さを見せつけた宮田選手

2k8a0862w

力強い突破からのトライ!レプハ選手

2k8a0904w

途中出場ながら再三のボールキャリーで存在感を魅せた才田選手

2k8a1350w

アタック、ディフェンス、全て120パーセント!タウファ選手

2k8a1164w

グリーティングタイムの様子(左から森選手、辻選手、三原選手)

2k8a1619w

トップリーグ100試合出場を果たしたタウファ統悦選手 コメント

2k8a1458w

「100試合出場達成を考えたときまず最初に頭に浮かんだのは「感謝」という言葉でした。僕は決して強い人間ではありません。12年間近鉄ライナーズでプレーして、先輩や後輩、様々な人のサポートがあったからこの記録を達成できたのだと思います。本当にみんなに感謝しています。ありがとうございました。」

2k8a1476w

【監督記者会見コメント】

「本日は地元大阪で沢山のファンの皆様に応援していただき心より感謝申し上げます。そしてタウファ統悦選手がトップリーグ100試合出場という偉大な記録を達成したことを心より祝福いたします。本日はトップリーグ三連覇のパナソニックさんに4月から積み上げ努力してきたことを、全てぶつけるというかたちで試合に臨みました。選手達は最後まで今年のライナーズのラグビーを示してくれたと思います。残り12試合、まだまだトップリーグは続きますので、次節までにしっかりと自分達に矢印を向けて、常に近鉄のスタンダードを示せるように準備していきたいと思います。」

Img_0111w

【豊田キャプテンコメント】

「統悦選手はこれまでの近鉄を引っ張ってきた偉大な選手です。そんな選手の記念すべき試合を王者パナソニックさん相手にこんな素晴らしいグラウンドでできたことはすごく良かったと思います。パナソニックさん相手に通用した部分をこれからさらに伸ばして、今後の試合に挑んでいきたいです。」

次節は9月17日14:00キックオフ 宮城県 ユアテックスタジアム仙台にてNTTコミュニケーションズとの一戦です!引き続き近鉄ライナーズへの御声援よろしくお願い致します!

2k8a1407w

(写真:加守 理祐)